レディ

お中元選びに悩まないコツ|予算を決めて選択肢を絞り込む

感謝をギフトに込める

プレゼント

結婚が決まったら、準備することは沢山あります。スケジュールをしっかりと立てて順番よく手はずを整えていくことが大事です。引き出物の手配する場合は、式の日取りから半年前、遅くても3か月前までには注文しておきましょう。結婚式への参加人数が確定しないと手配することができないので、招待客のリストアップをかためると同時に、注文を行ないましょう。
どのような引き出物が最適なのか、迷うこともありますが多くの場合、日用品や食品関係の品が多いです。予算との兼ね合いもあるので5000円前後で用意できる引き出物がオススメです。この価格なら良質な品も幅広く販売されていますし、最適な品を探すことができるはずです。

引き出物の内容にこだわりたい方は、おくる相手によって品を変えてみても良いでしょう。例えば、性別によって引き出物を変える場合、男性ならお酒や渋めなカラーの食器やグラスを選んでみましょう。ペアグラスは定番のアイテムですが、色違いで使えるので大変喜ばれます。女性におくる品なら、ノーブランドでも良いのでアクセサリーケースやちょっとした小物がオススメです。

家族や友人におくる引き出物は、相手の好みを反映した品を選んであげましょう。お酒が好きな方であれば、その方に向けたメッセージをボトルに刻んだ、オリジナルドリンクをおくってみましょう。きっと感動してくれるはずですし、記念品として残すこともできるのでいつでも思い出を振り返ることができます。また結婚式では、新郎新婦から、両親へのプレゼントを贈ります。結婚式では両親へのプレゼント贈呈が、感動の場面でもあります。これまでの感謝の気持ちと一緒にとっておきの両親へのプレゼントを選び、最高の結婚式にしましょう。カタログは好きなものを自分で選ぶことができるため、両親へのプレゼントとしても人気があります。